ばかの学習帳

(ばかが)学びのアウトプットと文の練習とカタルシスのために

【音楽】大森靖子に追いついた

 稀代の天才ロックシンガー、大森靖子にようやく追いつきました。

 

 何故だか急にハマりだした大森靖子。ハマりだしたなんてありふれた表現は大森靖子の前じゃ恥ずかしいですけど、まあハマってる。

 

 何なんでしょうかね、大森靖子って。今年の夏フェスで遠目に初めて観た時は、「おぉ〜なんか叫んどる。なんかすげ〜な〜」くらいにしか思わなかったんですよね。それがTSUTAYAで何か導かれたように、2ndメジャーアルバム『洗脳』を借りて通勤途中に聴いたところ、嘘なしに鳥肌が立ちました。

 

 

洗脳

洗脳

 

 

 見た目も音楽性も奇抜でインパクトがあるので、イロモノに見られがち(少なくとも私は少しそう思っていた)ですが、歌詞はシニカルで嘘がなく、狂気を感じるけど純粋で文学的。曲や演奏はエモーショナルかつナイフのよう。歌唱は魂がこもっているというか、魂そのものが歌をうたっているというか。久しぶりに歌を聴いて痺れました。「ああ、これが良いシンガーってことなんだなあ」と通勤途中に自転車を漕ぎながらアホみたいに思いました。

 

 私が、アルバム『洗脳』のなかでリピートしまくった曲の1つに『子供じゃないもん17』があります。彼女の曲のなかではポップな曲調で、好きなアイドルに提供されても曲だけならいけそうな気がするくらいですが、やはりこの曲は彼女が歌わないと魅力はないですよね。

 

子供じゃないもん17

子供じゃないもん17

 

子供じゃないもん17


歌:大森靖子 作詞:大森靖子 作曲:大森靖子
乙女をわかんないわかんないでくれるかな
乙女はわるくないわるくない放課後のディスタンス
私の教室探してくれる優しさで
ギリギリ制服でいられる

いなくなったらさみしいよ だったらみんなの前で話してよ
恋はいけないことなんて 教えてくれなかったじゃない
子供じゃないもん17
もう子供じゃないもん17
教科書みたいなことききたいんじゃないのよ
ゆめみたいなこと言って欲しいでもないのよ

おなかをさわってさわってほら聞こえるでしょ
嘘だよわかってわかって 星屑のペンダン

私のかなしみのブルーはスカートのなかに
あるからのぞいてくれてもいいのよ

花粉症も眼鏡キャラも全部羨ましくて焦がれちゃう
恋はそれよりすごくて クラクラ今日はサボっちゃう
お見舞いにきてよ17
ねえ心配したでしょ17
ややこしいことが本当は好きでしょ
ややこしい私ほんとはすきでしょ?

「こんなの…はじめて
バカばっかておもってるんでしょ
こういうのがしたくてせんせいになったって女子のなかで噂だよ
まあ、その噂流したの私だし
困ってる顔がだいすきだいすきだいすきだいすきだいすきだいすきだいすき
…傷ついてよ。」

いなくなったらさみしいよ だったらみんなの前で話してよ
恋はいけないことなんて 教えてくれなかったじゃない
子供じゃないもん17
もう子供じゃないもん17
教科書みたいなことききたいんじゃないのよ

花粉症も眼鏡キャラも全部羨ましくて焦がれちゃう
恋はそれよりすごくて クラクラ今日はサボっちゃう
お見舞いにきてよ17
ねえ心配したでしょ17
ややこしいことが本当は好きでしょ
ややこしい私ほんとはすきでしょ?

 

 この17歳の思春期最強の二面性のような、爽やかさと可愛さを自然と両立してる上に憧れから酔いまで含めての恋愛観が乗っかってて凄い詞だと思う。いるよなぁ、どこの学年にも。先生にめちゃくちゃグイグイ行くちょっと大人っぽいこと言う女子。ありふれたキャラの女子。
「傷付いてよ」とか言われてどうにかなって犯罪者になる前に転職したほうが良いよ先生は。
ややこしい人が本当に好きで面倒な人が本当に好きでも、好きなややこしさというか面倒臭さってありますよね。

 

 まだまだ聴いていない曲だらけなので、これからもっともっと浸かりたい。ようやく自分が大森靖子に追いついた感じがします。

 もっと書きたかったけどまとまらないのでこの辺りで。